池田市 歯科 歯医者 うしむら歯科クリニック 審美歯科 大阪 ホワイトニング 矯正 歯科衛生士 求人 入れ歯 虫歯 歯周病 3MIX

審美歯科トップページ
ホワイトニング
審美修復の種類について
保険診療と自費診療の違いについて
口元からのアンチエイジング

入れ歯の種類色々

予防歯科トップページ
歯石取り
クリーニング
虫歯を防ぐフッ素の力
マウスピース(スプリント)
更年期、またはホルモン治療の方の口腔内予防について

小児歯科トップページ
フッ素について
シーラントについて
歯ブラシ指導
矯正相談
キシリトールについて
小帯について
指しゃぶりについて


一般歯科トップページ
虫歯の治療
歯周病の治療
抜歯(親知らず)
3MIX法
妊娠中または授乳中の治療について

レーザー治療トップページ
レーザーとは
レーザーによる歯科治療
レーザー治療Q&A


虫歯の治療には段階があり、それぞれ治療法は異なります。

基本的に歯は削らない方が良いのですが、ここでは削らなければ治すことの出来ない虫歯を中心に治療法をご説明させていただきます。

■虫歯の治療例 段階を踏んで、進行度合いが大きいほど治療が困難になる
※症状によって、治療法は異なります

@ ごく小さな虫歯(初期虫歯)

エナメル質と呼ばれる歯の表面の硬い部分が虫歯になっています。この段階では痛みはありません。
フッ素
を塗ったり、ご自宅でのケアを丁寧に行ってもらえば虫歯の進行を止め、虫歯が小さくなる可能性が十分あります。この場合、削る必要はありません。
治療を行わなければならない場合も、白い樹脂を詰めるだけのごく簡単な処置で済み、虫歯の進行もまだゆっくりとしています。
定期健診を受けていないとこの時期に自分で虫歯に気がつくのは難しいかもしれません。
A 大きくなった虫歯

虫歯が、硬いエナメル質を突き破り、象牙質に進入しています。象牙質は水分を多く含んでいるため虫歯の進行が早く、この段階に達すると痛みが発生します。治療は歯大きくを削り、虫歯部分を確実に取り除かなければなりません。

また、虫歯が神経に達していて痛みが酷ければ最悪歯の神経を抜く場合もあります。治療が怖くて歯が多少痛んでも我慢してしまう方もいらっしゃいますが、治療の痛みをごくごく最小限の抑える事も可能なので、おかしいと思ったら迷わず歯科を受診して下さい。
写真はインレーと呼ばれる金属やハイブリッド系の素材を用いた修復方法。銀色のインレーの他に、白いインレーや極めて予後の良いゴールド系の素材もあります。
B かなり大きくなった虫歯

虫歯がエナメル質、象牙質を突き破り、神経を冒している可能性もあります。痛みはかなり大きく、日常生活を送る上で支障をきたす場合もあります。
治療は、ほとんどのケースで神経を取る事になり、その後は被せ物をする事になります。

しかし必ず神経を取るかと言えばそうでもなく、投薬によって神経の炎症が抑えられた場合は残せる場合もあります。この投薬を、後述しますが3MIX−MP法(すりーみっくす えむぴーほう)と呼び、従来では残せなかった神経を残しつつ治療を行える可能性があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
写真はクラウンと呼ばれる金属やハイブリッド系の素材を用いた修復方法。銀色のクラウンの他に、白いセラミックを使用したクラウンや極めて予後の良いゴールド系の素材もあります。

出来るだけこまめに定期健診を受診され、虫歯が大きくなる前に処置するのが理想です。
定期健診は、当院の場合3〜6ヵ月毎を推奨します。

この病気の特徴は虫歯と違い痛みがない点です。口臭の原因となり、酷い場合は歯を失うこともあります。 歯周病は、歯を支える顎(アゴ)の骨を溶かす細菌性の病気です。
溶かされた骨は基本的に元に戻すことが出来ないので、初期の内に進行を食い止めるのが重要です。

大切なのは普段から歯磨きに気を配り、定期健診を受けて歯周病の原因である歯石を溜めないようにする習慣です。歯周病の治療は、歯科医師または歯科医師管理下で歯科衛生士によって行い、主に歯石を除去していきます。

  

残念ですが、日本では歯を守るために歯科医院に定期的に通うという予防の習慣がなく、ほとんどの方はお歳を召されれば入れ歯を使っています。

左のグラフは、定期健診を受けている方と、受けていない方の平均残存歯数を表しています。
縦軸は歯の本数、横軸は年齢です。

人間の歯は親知らずを省くと全部で28本ありますが、日本で定期健診を受けていない方は、80歳の時点で平均6.8本、定期健診を受けている方で15.7本です。欧米では80歳で25本以上の歯が国民平均値として残っている国も珍しくありません。

つまり、定期健診を受けて積極的に歯を守ろうとする姿勢がある国は、多くの方が健康的な口腔内を維持出来ているのです。

歯科医院で行う歯周病の治療や、定期健診を日常的に受ける習慣は、ご自分の歯を守り、健康に保つためにとても大切な事です。

親知らずは、大人になってから萌えてくるので、親も知らない歯という名前が俗称につきました。

きちんと真っ直ぐに萌え、虫歯にならずに他の歯に影響を及ぼさない場合は抜く必要はありませんが、多くの方は真横に水平に萌えたり、斜めに萌えたりして悪さをする場合は抜歯が必要です。



こういった親知らずは、虫歯や歯周病、歯並びを悪くする原因にもなりますので、ご自分の親知らずがどうなっているのかを確かめに一度定期健診を受診されてみてください。

従来の虫歯治療の基本は、歯が痛めば削り、必要があれば神経を取る治療が基本でした(もちろん、これらの治療は現在でも行われています)。一方、3MIX法は深い虫歯がある歯の神経を取らずに治療できる可能性が見出せます。


全ての症状に対応出来る訳ではないのですが、非常に有効な治療法の一つであると言えるでしょう。テレビなどで広まっているような万能な治療法ではないですが、虫歯治療に大きな可能性が広がります。

妊娠中のお母さんは、ホルモンバランスが崩れかけている状態なので、虫歯や歯周病になりやすい状態となっています。基本的に、妊娠中のお母さんが歯科治療を受けられても問題はありませんが、心配な場合はかかりつけの産婦人科へ問い合わせてみるといいでしょう。
また、授乳中のお母さんは、抗生物質などの影響が母乳に出るのではないかという心配もあるかと思います。お薬を服用しなければならない場合は、その間は授乳を中断するなどその場その場に応じた適切な対処が必要となるので、細心の注意を払った上で歯科治療をすすめさせていただきます。

このページのトップへ
HOMEへ
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

大阪府池田市城南3丁目1−8 電話:072−750−0707
【阪急池田駅より徒歩7分 市立池田病院 すぐ近く】 

診療科目:歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科 矯正相談 入れ歯相談 【各種治療に関する歯科相談、随時行っております】

HOMEスタッフ紹介医院紹介診療設備よくあるご質問スタッフ求人リンク集
一般歯科小児歯科審美歯科予防歯科|入れ歯の種類

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
池田市 歯科 歯医者 うしむら歯科クリニック 審美歯科 大阪 ホワイトニング 矯正 歯科衛生士 求人 入れ歯 虫歯 歯周病 3MIX

Copyright (C)2007 Ushimura Dental Clinic All rights reserved.